ブログを書くための便利ツール

wordpress

WORDPRESSはどこからでもWEBで更新が可能なとても便利なツールですが、

記事を書き溜めておきたい、指定の日時で投稿したいといった場合に

より便利に投稿作業を効率化できる便利ツールについてご紹介したいとおもいます。

そのツールはOpen Live Writerです。

それでは早速このツールについて解説していきましょう。

まずこのツールは英語仕様になっているので、インストールして日本語化することろから

はじめていきましょう。英語版のままでも使用に問題はありませんが、表記が日本語に

なっているほうが気分的に安心できるかなとおもいますので、まずその説明をしておきます。

ブログを効率的に執筆する上で欠かせないツールがブログエディタ。

Windowユーザーにとって最強のブログエディタが「Windows Live Writer」なのですが、2017年にサポートを終了し、今はダウンロードできない状態です。

 

ですがMicrosoftの管轄から離れ、オープンソース「OpenLiveWriter」として生まれ変わっています。

image

 

ただ、困ったことに機能表示が英語!

OpenLiveWriter-menu-eng

 

今回はその日本語化までの手順をキャプチャ―付きでまとめてみました。

鹿児島県田代町情報ブログで日本語化ファイルをダウンロード

日本語化ファイルは鹿児島田代町のブロガーの方が作成されていました!

日本語化のための改変コードファイルは1,000行以上もあり、翻訳にかなり時間がかかったそうです。

いやーほんとありがとうございます!

tashiromachi

上記ブログページにアクセスして、渾身の翻訳ファイル

「OpenLiveWriterLocalization.zip」

をダウンロードいたしましょう!

 

PCのOpenLiveWriteフォルダに移動する

ダウンロードが完了したら、Open Live Writerが入っているフォルダに移動しましょう。

私はwindows10ですが、下記ディレクトリでした。

C:\Users\owner\AppData\Local\OpenLiveWriter

OpenLiveWriter-folder

発見できない方は検索窓で、

「OpenLiveWriter」と入れてみると良いでしょう。私もはじめ見つけられませんでした笑

 

app-0.6.2フォルダ内にあるOpenLiveWriter.Localization.dllのファイル名を変更

次にOpen Live Writer > app-0.6.2フォルダ内にある

OpenLiveWriter.Localization.dllのファイル拡張子を

OpenLiveWriter.Localization.orgに変更しましょう。

OpenLiveWriter-folder3

日本語化はOpenLiveWriter.Localization.dllをダウンロードしたものに上書きするのですが、万が一元に戻したくなった時を想定して、別ファイル名にして保管しておくわけですね。

 

ダウンロードしたOpenLiveWriter.Localization.dllファイルを入れ込む

ファイル名の変更が完了したら、田代町ブログからダウンロードさせて頂いたファイル中にある

OpenLiveWriter.Localization.dll

Open Live Writer > app-0.6.2

にコピーしましょう。

OpenLiveWriter-folder4

 

これで手続きは完了です!

 

再起動したら日本語化されていた!

上記手続き完了後、Open Live Writerを起動してみると・・・

OpenLiveWriter-folder5

無事メニューが日本語化されてました!

さて次は実際の使い方についてです。

ordPressは、ダッシュボード(管理画面)から更新するのが通常です。

ただ、このダッシュボードからの更新にはデメリットがあります。

EX-IT_No-06

1つは、ネットにつなげていないと使えないこと。

通信環境がよくないところでの更新は、不安定で、せっかく書いた記事が消えることもあります。
(Ctrl+Sで保存しておけばいいのですが)

もう1つは、画像の挿入。
画像をドラックアンドドロップ(マウスでドラッグ)で挿入はできるのですが、メディアライブラリ画面にうつり、若干手間がかかります。

サーバーへいったんアップロードしてから挿入という手順だからです。

Windowsでは、Open Live Writerで更新する理由

 

以前は、このWindows Live Writerというソフトを使っていました。

ただ、このWindows Live Writerは、サポートが終わり、今ではダウンロードもできなくなっています。
その後継といえるのが、Open Live Writer。

このOpen Live Writerや、MacのMarsEditを使う理由は、次の理由からです。

 

1 つは、ネットにつなげていなくても使えること。
オフラインで記事を書いて、ネットにつながるところで、アップするということができます。

 

もう1つは、画像の挿入が楽なこと。
エクスプローラー(Windows キー+E)で画像をドラックアンドドロップすると、すぐに挿入できます。
記事をアップするときにまとめてアップするしくみです。
画像をどんどんいれても、待たなくてすみ、スムーズに記事を更新できます。

InkedEX-IT_No-05_LI

 

※エクスプローラーで、リボン(画面上部のメニュー)で[表示]の[レイアウト]を詳細にすると、日付順やファイル名順に並べ替えるのが楽です。
さらに、Alt→V→P(1つずつ押す)で、写真のプレビューを表示できます。

 

さらには、Open Live Writerは無料(MacのMarsEditは4,800円)です。

英語版ですが、なんとなく使えますし、後述するショートカットキーを使えば、メニューは関係ありません。

 

画像の挿入の設定として、画像を挿入してから画像をクリックし、
・リボンの[Picture Tools]の幅を600(最近は650にしています))
・リボンの[Link to]を[No link]に→画像をクリックして表示しないようにする設定です。
・[Revert to original]をクリック→画像をオリジナルで挿入。こうしないと画像がぼやけがちです。
と設定してから、[Set to Default]をクリックしておけば、画像のサイズを600に固定できます。
大きめの画像を挿入しても、幅を600(ピクセル)に固定してくれるのです。
InkedEX-IT_No-04_LI

 

 

 

□スポンサードリンク

使うと便利!Open Live Writerのショートカットキー

 

Open Live Writerでは、次のようなショートカットキーを使っています。

 

ショートカットキー機能
Ctrl+S保存
Ctrl+Alt+2見出し2
Ctrl+Alt+3見出し3
Ctrl+Kリンクを挿入
ソース(Source)を表示
(コードを貼り付ける場所)
Shift+F11
編集画面(Edit)を表示F11
下書きとして投稿Ctrl+Shift+D
箇条書きCtrl+Shift+L
元に戻すCtrl+Z
やりなおしCtrl+y
文字を選択Shift+方向キー
1行選択行頭(一番左)でShift+下
ウィンドウを左右に寄せるWindows +左(右)
コピーCtrl+C
切り取りCtrl+X
貼り付けCtrl+V

基本的なキー操作も含めました。

投稿は、Ctrl+Shift+Pでできますが、下書きで投稿しておくのがおすすめです。
WordPressの投稿画面で、確認し、投稿のURL(この記事だと、https://www.ex-it-blog.com/OpenLiveWriter)を変更し、カテゴリを選んでから投稿しましょう。
(カテゴリは、Open Live WriterでCtrl+Shift+Cでも設定できます)

また、Enterキーだと、行間が少し空く改行、Shift+Enterキーだと行間のない改行です。

〇Enterの場合
ああああああああああああああああ

ああああああああああああああああ

 

〇Shift+Enterの場合
ああああああああああああああああ
ああああああああああああああああ

 

 

WindowsでWordPressブログを更新している方は、使ってみていただければ。
インストールは、こちらからできます。

Open Live Writer
EX-IT_No-08

Windowsアプリ版もありますが、レビューで荒れているとおりバグがありますので、ここからダウンロードしましょう。

インストールして、WordPressブログのURL、ユーザー名、パスワードを入れると使えるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、この画面が出たら、「WordPress」を選択し、「(自分のブログURL]/xmlrpc.php」と入れましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機能を使ってみる

hタグで見出しを入れる

 

h2タグで見出しを入れるには、見出しにしたいフレーズを選択して「Ctrl+Alt+2」をするとh2タグの見出しになります。

 

 

ちょっと「Cocoon」だとh2の見出しがあるのか分かりにくいんですよねw

h2は分かんないなw

なのでh3も入れてみましたw

リストを入れてみる

 

リストはショートカットもあるんですが、「Paragraph」でやってほうが分かりやすいです

 

 

リストできました。

 

 

他にも「Paragraph」からは

 

  • 番号ありリスト
  • 番号なしリスト
  • 引用
  • 左寄せ
  • 中央寄せ
  • 右寄せ

などができます。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました